2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

●NHK厚生文化事業団50周年記念
「こころコンサート」
~2010コバケンとその仲間たちスペシャルオーケストラ~

3月7日、東京は雨でしたが、NHKホールが3階まで満席の中、
演奏ごとに嵐のような拍手と共に、コンサートは大成功に終わりました。

スペシャルオーケストラ、それは、コバケンと仲間たちオーケストラに障害のある演奏家30名を加えたオーケストラです。
(コバケンさんは世界初と言っていらっしゃいますが・・・)
障害の種類も、視覚障害、知的障害、発達障害、聴覚障害、肢体不自由などさまざまです。

コンサートは演出も盛りだくさん。
金管のバンダあり、バイオリンソロあり、トロンボーンソロ(盲導犬も一緒に)あり、わだいこ集団あり、
それに辻井伸行さんのピアノコンチェルト、間にはソリストのトーク、最後はNHK東京児童合唱団も出てきて、会場と共に大合唱でした。
おそらくクラシックに馴染みのない方でも大いに楽しめたと思います。

それになんと言っても、今回のハンディがある音楽家がオケで共演ということがここまでできるんだという感想を会場の多くの方のが感じられたコンサートだったと思います。

半年間の練習を通して、息子に限らず、障害のある皆さんが試行錯誤のサポートの中で成長し、その成長をサポートした人も実感し、喜び、感動できるという素晴らしいプロセスでした。

こうしたスペシャルオケが今後も続いていくことを願うばかりです。
(pft mama)





3月7日、コバケンとその仲間たちスペシャルオーケストラのこころコンサートの本番をむかえました。
NHKホールは3000人をこえるお客様でした。
演奏のたびに、大きな拍手をいただきました。
ぼくは、オーケストラでフルートを演奏できて、本当に楽しかったです。
人と合わせることも勉強になりました。
コバケンさん、オケの皆さん、フルートの皆さん、特に個人練習に付き合っていただいた三田さん、井上さん、サポートしてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

リハーサルの様子

IMG_0976_convert_20100308170938.jpgIMG_0980_convert_20100308171023.jpgIMG_0986_convert_20100308171113.jpg
演奏の後、コバケンさんと

IMG_0992_convert_20100308171151.jpg

コバケンこと小林研一郎指揮のもと
新たにさまざまな障害のある演奏家30人が加わった総勢100名をこえるオーケストラ。
8月の合宿から半年以上練習を重ねてきました。

僕は、フルートでオーケストラに参加します。

日時
2010年3月7日(日曜日)
開場:午後3時30分 開演:午後5時 終演予定:午後7時

会場
NHKホール


http://www.npwo.or.jp/info/2009/post_84.html

出演
指揮:小林 研一郎
管弦楽:コバケンとその仲間たちスペシャルオーケストラ
  NHK交響楽団有志
バイオリン:川畠 成道
ピアノ:辻井 伸行
コンサートマスター:篠崎 史紀(NHK交響楽団)
コンサートミストレス:瀬崎 明日香
(コバケンとその仲間たちオーケストラ)
合唱:NHK東京児童合唱団
協演:東京音楽大学

演奏曲目
●ヴェルディ:歌劇「アイーダ」から 「凱旋行進曲」
●サラサーテ:チゴイナーワイゼン *バイオリン 川畠 成道
●プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」
●小林 研一郎:組曲「パッサカリア」から「夏祭り」 
●シベリウス:交響詩「フィンランディア」
●ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18から第3楽章 *ピアノ 辻井 伸行
●チャイコフスキー:序曲 「1812年」 
●槇原 敬之:世界に一つだけの花

ぴあふるたく

Author:ぴあふるたく
♪自閉症のチャレンジド・ピアニスト。23歳。特別支援学校卒業。
ピアノ・フルートのソロやアンサンブル演奏、また母と共にこれまでの歩みを写真とお話でつづる「特異を得意にかえて」講演&コンサートを開催。

1994年生まれ、東京都在住。幼少時、大変多動で言葉の遅れもあった中、唯一音楽が鳴っていると落ち着いていられたことから、5才より音楽教室に入室。8才よりピアノの個人レッスンをはじめる。毎日決まったことを決められた時間に行うことで落ち着くといった自閉症の特性がピアノ練習に功を奏す。中学生からは吹奏楽部に入部し、フルートをはじめる。
また、ピアノ技能の習得過程からヒントを得て、高校生の時日本語ワープロ検定1級取得。平日は、その技能を生かしてPCデータ入力の仕事で会社員でもある。

【2009(15才)】
■ 国際障害者ピアノフェスティバルinカナダ 特別賞

【2010(16才)】
■平成21年度東京都教育委員会生徒表彰
■「コバケンとその仲間たちスペシャルオーケストラ」にフルートで参加し、「こころコンサートin NHKホール」出演
■NHKTV「福祉ネットワーク:音楽とぼくの楽しい関係~小柳拓人くん~」「オーケストラ生まれる」出演

【2011(17才)】
■「自閉症と音楽」講演&コンサートin東京大学
■国際障害者ピアノフェスティバル・アジア大会 銀賞
■自閉症のバイオリン・フルートデュオグループ「ノブタク」結成

【2012(18才)】
■めざそう、国際障害者ピアノフェスティバル・全国大会 金賞
■ダンスとのコラボでフルートの即興演奏(『瞬感動∞ワークショップ』香瑠鼓:著/高陵社書店)
■台日友好国際障害者ピアノコンサートin台湾 出演
■様々な障がいを持ちながらピアノ演奏するグループ「音のりぼん」結成

【2013(19才)】
■夢ヲアキラメナイ:小柳拓人ソロコンサート開催
■ピョンチャン・スペシャルミュージックフェスティバルin韓国 クラシック部門1位

【2014(20才)】                
■日米フレンドシップコンサートinアメリカ 出演
■ピョンチャンスペシャルミュージックフェスティバル開会式で演奏(ソン・ヨルム氏とのデュオ)

【2015(21才)】                
■自閉症才能コンテストin香港 個人 卓越表現賞・動感節拍大賞

【2016(22才)】
■日墨米スペシャルジョイントコンサートinアメリカ出演
■音のりぼんコンサートinラスベガス開催
■台日身障者交流慈善音楽會in台湾出演
■台日身心障礙者國際交流音楽會in台湾出演
■自閉症才能コンテストin香港 個人 卓越表現賞・動感節拍大賞
■自閉症才能コンテストin香港 団体 卓越表現賞・動感節拍大賞

名前:
メール:
件名:
本文:

【「特異を得意にかえて 音楽活動&仕事編」講演&コンサート紹介】☆☆ 繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20150121201442 ・托シ抵シ趣シ托シ呈溜蛹コ蝨ー蝓溽函豢サ謾ッ謠エ繝輔か繝シ繝ゥ繝繝サ迚ケ逡ー繧貞セ玲э縺ォ縺九∴縺ヲ298_convert_20151030225213 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【様々なハンディを持ちながらピアノ演奏をするグループ「音のりぼん」縲舌メ繝ゥ繧キ縲托シ抵シ撰シ托シ暮浹縺ョ繧翫⊂繧捺隼險ら沿_convert_20150706212615 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【自閉症のヴァイオリン&フルートデュオ「ノブタク」】☆☆ 【チラシ最終版】2015ノブタク紹介     
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -