2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

今日は、六本木デザインKホールでコンサートに出演しました。
音楽は介護を救うというテーマで、僕もピアノ2曲と最後のアンコールはフルートで参加しました。
9.23音楽は介護を救うmusic-hope-fryer_dm   M1030007_convert_20140923174751.jpg
「ねこふんじゃった」変奏曲は、丁寧に弾き始めました。
途中のフーガの部分が満足だったので、最後のフィナーレも気分よく弾けました。
M1030035_convert_20140923174853.jpg  M1030022_convert_20140923174821.jpg
「トルコ行進曲によるコンサートパラフレーズ」はいつものように楽しんで弾きました。 
M1030012_convert_20140923174805.jpg
トークにも答えました。
M1030038_convert_20140923174908.jpg    M1030033_convert_20140923174837.jpg

最後は、出演者のみんなでショスタコービッチのジャズワルツを演奏。
M1030054_convert_20140923174923.jpg 

アンコールの前に、そででこんな写真も撮ってもらいました。
10702178_675299735892736_3435173190457347883_n_convert_20140924202631.jpg

最後の写真は、女の人のドレスがみんなきれいでした。
M1030055_convert_20140923174940.jpg 


9月23日にチャリティーコンサートに出演します。

9.23音楽は介護を救うmusic-hope-fryer_dm

『音楽は介護を救う~みつとみ俊郎&フレンズが送る
ミュージックホープ支援のためのチャリティコンサート』

日時:2014年9月23日(火曜/祭日)午後1時開場 午後1時30分開演
会場: 六本木デザインKホール
チケット代金:3000円(前売り2500円)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PFTmamaです。
音楽と介護、そして人との関係をテーマにしたコンサートです。
みつとみ俊郎さんのトーク、それぞれの演奏者へのインタビューを交えながら様々な楽器の演奏とお話がお楽しみいただけます。


◆みつとみさんのページより
http://www1.linkclub.or.jp/~flute/live.html

みつとみ俊郎の主宰する「音楽と介護/医療を考え行動するミュージックホーププロジェクト」は、認知症、パーキンソン病、脳疾患、その他の肉体的、精神的な障害を持った方たちの「目線」で音楽をどのように活用していけば良いかを考え、行動するプロジェクトです。
今回のコンサートは、その活動を推進するためのチャリティとして企画されたコンサートです。
多くのプロ音楽家がこのプロジェクトの目的に賛同し参加してくださいます。

また、肉体的/精神的ハンデをお持ちの方には並外れた音楽の才能を発揮される方が多くいらっしゃいますが、今回参加してくださるピアニスト小柳拓人さんも自閉症のピアニストとして世界中で演奏活動を行っている演奏家の一人です。
他、大勢の音楽家の演奏、みつとみ俊郎の「音楽と介護、認知症ケア」などについてのトークなど、お楽しみいただきたいと思います。

参加アーティスト:
柴田真理(クラリネット)
野口紗矢香(サキソフォン)
金澤亜希子(ピアノ)
村田千晶(ピアノ)
小柳拓人(ピアノ)
関戸美樹(ヴァイオリン)
佐々木理子(歌/ピアノ弾き語り)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆私は、もちろん医学の専門家でも音楽療法の専門家でもありませんが、個人的に自閉
症、統合失調症、妻の罹患した脳疾患など「人の脳の働きと音楽の関係」などを研究
して参りました。
主にオリヴァー・サックス博士の著書やその他たくさんの書物を読みそれなりの関心
は抱いてきたつもりです。
今年、私の9冊目の著書として妻の病気のことやリハビリのことをドキュメンタリーと
してまとめ『奇跡のはじまり』というタイトルで新潮社より出版いたしました。
これからも、もし機会が与えられましたら音楽と介護、医療などを通じて「音楽と人
との関係」を私なりにまとめ、いろいろ出版していければとも考えております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チケットのお申し込みは、お名前、ご住所、枚数を明記の上、piaflutaku@jcom.home.ne.jpまで。(前売2500円)


ぴあふるたく

Author:ぴあふるたく
♪自閉症のチャレンジド・ピアニスト。23歳。特別支援学校卒業。
ピアノ・フルートのソロやアンサンブル演奏、また母と共にこれまでの歩みを写真とお話でつづる「特異を得意にかえて」講演&コンサートを開催。

1994年生まれ、東京都在住。幼少時、大変多動で言葉の遅れもあった中、唯一音楽が鳴っていると落ち着いていられたことから、5才より音楽教室に入室。8才よりピアノの個人レッスンをはじめる。毎日決まったことを決められた時間に行うことで落ち着くといった自閉症の特性がピアノ練習に功を奏す。中学生からは吹奏楽部に入部し、フルートをはじめる。
また、ピアノ技能の習得過程からヒントを得て、高校生の時日本語ワープロ検定1級取得。平日は、その技能を生かしてPCデータ入力の仕事で会社員でもある。

【2009(15才)】
■ 国際障害者ピアノフェスティバルinカナダ 特別賞

【2010(16才)】
■平成21年度東京都教育委員会生徒表彰
■「コバケンとその仲間たちスペシャルオーケストラ」にフルートで参加し、「こころコンサートin NHKホール」出演
■NHKTV「福祉ネットワーク:音楽とぼくの楽しい関係~小柳拓人くん~」「オーケストラ生まれる」出演

【2011(17才)】
■「自閉症と音楽」講演&コンサートin東京大学
■国際障害者ピアノフェスティバル・アジア大会 銀賞
■自閉症のバイオリン・フルートデュオグループ「ノブタク」結成

【2012(18才)】
■めざそう、国際障害者ピアノフェスティバル・全国大会 金賞
■ダンスとのコラボでフルートの即興演奏(『瞬感動∞ワークショップ』香瑠鼓:著/高陵社書店)
■台日友好国際障害者ピアノコンサートin台湾 出演
■様々な障がいを持ちながらピアノ演奏するグループ「音のりぼん」結成

【2013(19才)】
■夢ヲアキラメナイ:小柳拓人ソロコンサート開催
■ピョンチャン・スペシャルミュージックフェスティバルin韓国 クラシック部門1位

【2014(20才)】                
■日米フレンドシップコンサートinアメリカ 出演
■ピョンチャンスペシャルミュージックフェスティバル開会式で演奏(ソン・ヨルム氏とのデュオ)

【2015(21才)】                
■自閉症才能コンテストin香港 個人 卓越表現賞・動感節拍大賞

【2016(22才)】
■日墨米スペシャルジョイントコンサートinアメリカ出演
■音のりぼんコンサートinラスベガス開催
■台日身障者交流慈善音楽會in台湾出演
■台日身心障礙者國際交流音楽會in台湾出演
■自閉症才能コンテストin香港 個人 卓越表現賞・動感節拍大賞
■自閉症才能コンテストin香港 団体 卓越表現賞・動感節拍大賞

名前:
メール:
件名:
本文:

【「特異を得意にかえて 音楽活動&仕事編」講演&コンサート紹介】☆☆ 繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20150121201442 ・托シ抵シ趣シ托シ呈溜蛹コ蝨ー蝓溽函豢サ謾ッ謠エ繝輔か繝シ繝ゥ繝繝サ迚ケ逡ー繧貞セ玲э縺ォ縺九∴縺ヲ298_convert_20151030225213 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【様々なハンディを持ちながらピアノ演奏をするグループ「音のりぼん」縲舌メ繝ゥ繧キ縲托シ抵シ撰シ托シ暮浹縺ョ繧翫⊂繧捺隼險ら沿_convert_20150706212615 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【自閉症のヴァイオリン&フルートデュオ「ノブタク」】☆☆ 【チラシ最終版】2015ノブタク紹介     
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -